スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦これ’15夏イベ

艦これ夏イベ「反撃!第二次SN作戦」終了しました。
提督の皆さん、お疲れ様でした(挨拶言葉じゃなくリアルな意味で)
運営から大規模のお達しがありましたが、
まさかこれほどのものになるとは思いませんでした。

E-7は平日に途中まで削って資源回復させた後、日曜(8/30)に攻略戦。
今回のイベント期間は土日に用事があったりして、できる日程が限られていたので
ここを逃すときつかったかもしれない。

19:30
150911-1a.jpg
まだまだだね(テニプリ並感)

21:00
150911-2a.jpg
くぅぅぅぅぅぅぅぅ!!(川平並感)

23:50 ・・・ん??
150911-3a.jpg
別に、昼に倒してしまっても構わんのだろ?

よ゙め゙(や゙ま゙ど)がぎめ゙でぐれ゙だ~~~!
でも゙ズグジョどっでね゙~~~!!!!!

昼戦はいすに正座して拝んでたのでスクショ間に合いませんでしたww
  ●こんな感じ
    『たのむ~、できるだけ削ってくれ~
    0時リセットまでもう1回、間宮使えばいけるか?e.t.c(心の声)』
       「敵艦捕捉、全主砲薙ぎ払え!」
         「ボガゴゴゴゴ・・・・・(←ゲージの割れる音)」

    「ほよ?」
分かりにくい例えをすると、9回裏1点ビハインド、先頭の秋山が出塁ってときに
脇屋がつなげば浅村、中村でサヨナラいける! と思ったら
脇屋が逆転サヨナラホームラン打って終わった、みたいな感じです(西武脳)
イベントクリアを大和が決めたのは今回がはじめてだってのに
せっかくの晴れの舞台を撮り逃すとは。

まあよく見たらガバガバ編成ですね(退避艦いるしw)
ラスダンに突入したのが夜になってからで、チャレンジできる回数考えたら
正空編成で羅針盤に荒ぶられるより、軽空編成で到達回数増やした方がいいかと。
ギミックもX-Yに加えて関係あるとうわさのあったCも含めて
10回ずつ叩いてそれなりに柔らかくなってたとも思いますし。
結果オーライですけど良策ではないかも。

150911-4a.jpg
150911-5a.jpg
150911-6a.jpg

150911-7a.jpg
ひとまずALL甲でクリア。
ただクリアできるかどうか分からない絶望感の中でのプレイは13秋イベ以来ですね。
150911-8a.jpg
リセットギリギリでクリアしたのでほんとにシンデレラ状態

0時リセットはきついギミックでしたが
簡単だとヌルイといわれて、きついとクソゲーといわれるので難易度の調整は難しいですね。
ゲージ回復無くなって、何かしら面白い要素ということで考えられたシステムだとは思うので
今回のユーザーの反応を見て改良されていけばそれでいいのではと思います。
丙ならギミックリセット無しくらいだとまだ良かったかも。

資材の経過はこんな感じ
燃料・弾薬(ほぼ同じ) ※鋼材、ボーキは余ったので割愛
開始時           12万
↓E-6終了時         6.5万
↓E-7ゲージ6割削り     3万
↓1週間回復         6万
クリア           2万
E-3瑞穂堀(1万)を除けばクリアで12万、E-7だけで7.5万使いました。
普段回復上限でイベント時は10万超えを目安にやってましたが、
クリアだけで足りなくなるとは思ってもみませんでした。
大規模とお触れのあったときの資材備蓄量は考え直します。
スポンサーサイト

ぶらり途中下車の旅(呉編) その3

次は大和ミュージアム、今年で10周年
150906-1a.jpg

外にあるむっちゃんの主砲
150906-2a.jpg
柱島で爆沈した後、引き上げられたものです。

150906-3a.jpg
1/10大和

150906-4b.jpg


150906-5a.jpg
大和進水記念の風鎮

150906-6a.jpg
沖縄特攻時の第二艦隊司令長官、伊藤整一中将の上衣

150906-7a.jpg
見覚えのある(?)沈没した大和を再現したジオラマ

長門の軍艦旗
150906-8a.jpg
「なんでも鑑定団」で石坂浩二氏が購入し寄贈したものです。
大和の資料のところは人でごった返していましたが
これはメインの観覧ルートから外れていることもあり見る人も少なめ。
大和が秘密戦艦だったこともあり、長門が代表格だったことから
その軍艦旗といえば当時の日本海軍の象徴のようなものともいえます。
より多くの方に見てもらいたいものです。
150906-9b.jpg
ここにあります。

展示館
150906-10a.jpg

150906-11a.jpg
海龍

150906-12a.jpg
ヴァクセン零戦62型

150906-16a.jpg

150906-17a.jpg
ドラマで使用された甲標的の内部のセット

砲弾各種
150906-13a.jpg

150906-14a.jpg
白いのは九一式徹甲弾
ここらあたりも艦これで広く(?)知られるようになりました。

大和波止場、ここには実物大の大和の甲板に見立てた模様が入っているんですが、
150906-18a.jpg
よりによってイベントの日と重なって全く分からずorz
遠方に見えるのは潜水艦の潜望鏡から見えた「いせ」

とりあえず定番の大和ラムネ。
150906-19a.jpg
思いっきり噴き出しましたw、開封する場所は注意してください

途中下車の限られた時間の中でしたが充実した観光でした。

ぶらり途中下車の旅(呉編) その2

炎天下の中、無事生還。
9年前、会社の同期と大和ミュージアムを訪れたのはいい思い出。
その頃、てつのくじら館はまだありませんでした。

150905-1a.jpg
てつのくじら館、正式には「海上自衛隊呉史料館」、入館は無料でした。

退役した潜水艦「あきしお」をまるごと地上展示という破天荒ぶり。
150905-2a.jpg

150905-3a.jpg

まずは館内展示。
掃海作業と潜水艦のあれこれの展示になります。
150905-4a.jpg
湾岸戦争のペルシャ湾の機雷

150905-5a.jpg
イタリアの機雷、アポロ(抹茶味)みたいw

機雷処分具
150905-6a.jpg
遠隔操作で、搭載した処分用爆雷で機雷を爆破処分する装置。

20mm機銃
150905-7a.jpg
ワイヤーを切った係維機雷や浮遊機雷を処分するもの。
てっきり撃って爆発させるのかと思ってましたが、水没させるためのものらしい。
そりゃバルカンの射程で爆発されたらかなわんわな。
ただ水没させただけでは十分とはいえないので最近は銃撃処分は減ってるそうな。

掃海具を吊るすフロートその1
150905-8a.jpg

150905-9a.jpg
なぜ顔を書く(困惑)

掃海具を吊るすフロートその2
150905-10a.jpg
だからなぜ・・・

150905-11a.jpg
名前を聞いただけで艦娘の何人かは気を失いそうになるにっくきガトー級のカットモデル。
米軍より貸与されて、潜水艦「くろしお」になりました。

潜水艦の食事
150905-12a.jpg
なかなかおいしそうです。

艦載対潜無人ヘリ「DASH」
150905-13a.jpg
昔つくったニチモの1/200たかつきに付いてた記憶があります。
実物見れるとは思わんかった。

さていよいよ潜水艦艦内へ
150905-14a.jpg
見学可能なのはワンフロアの一部です。
艦内のあっちこっちにいけるわけではありません。

150905-15a.jpg
やはり通路は狭いです、すれちがえません。

天井のハッチ
150905-16a.jpg

士官公室
150905-17a.jpg

艦長室
150905-18a.jpg
艦長室といえど広くはありません。

司令室
150905-19b.jpg
操艦、航行などが一箇所に集まっています。

操舵席
150905-20a.jpg

潜望鏡から実際に外の風景が見えます。
150905-21a.jpg
さっきいた呉基地の艦艇(2kmくらい先)がはっきり見えます。
こちらは「いせ」

護衛艦の一般公開はいろんなところでやっていますが、
潜水艦の中はそうそう入れるものではないのでいいもの見れました。

ぶらり途中下車の旅(呉編) その1

九州への帰省の際、広島で途中下車して呉に行って来ました。
150904-1a.jpg

まずは呉駅からバスに乗ってアレイからすこじま公園へ、「潜水隊前」で下車します。
150904-2a.jpg
バス停付近の通りにはレンガ造りの倉庫があります。
こちらは呉貿倉庫運輸の倉庫ですが、
元々は呉海軍工廠の前身である呉海軍造兵廠(明治時代)のものとして建てられたものです。
第二次大戦時は水雷部・電気部の工場として使われていました。

公園には呉軍港の頃に使われていた魚雷揚げ下ろしクレーンが残っています。
150904-3a.jpg

150904-4a.jpg
艦これアニメで出てきたあれです。

潜水艦桟橋ゲート
150904-5a.jpg
アーマードハイエースで突っ込めば余裕で突破できそうな感じ
大丈夫なんでしょうか?

公園からは呉基地の艦艇群が見えます。
150904-6a.jpg

150904-7b.jpg
さすがに新鋭のそうりゅう型は内側に係留して見えにくくしています。

呉基地のゲートから見た水上艦
150904-8a.jpg
日曜は艦艇の一般公開を行っていますが完全予約制で、中には入れませんでした。
今日はおおすみ

今回の途中下車の最大の目的は造船所の写真を撮ること。
アングルを探しながら大和ミュージアムまで歩いて戻ります。
(炎天下の夏日です)

150904-9a.jpg
国道沿いに歩いていくと坂の上から呉基地を眺めることができます。

引いたアングルで取りたかったので細い坂道や階段をひたすら上っていきます。
バカと煙はなんとやら・・・

たどり着いたのがここ
150904-10a.jpg
どのようなカットが撮れるかは現地に行ってみなければ分からなかったのですが
理想に近いものが撮れました。
夏晴れで天候にも恵まれて助かりました(体力的にはきついですが)

ここはJMU(ジャパン・マリン・ユナイテッド)呉事業所
150904-11a.jpg
そんでもって元呉海軍工廠、嫁の大和の生まれ故郷です。
白い建て屋のところが大和を建造したドック跡。
今は埋め立てられて工場になっています。
この建て屋は大和を建造する際に隠す目的で建てられました。
鉄骨などは当時のものがそのまま使われています。

国道沿いまで下りて戻ると、ドックの様子が見渡せる場所があります。
150904-12a.jpg
いろんな方の呉訪問記ではこの場所が一般的ですね。
「子規句碑前」バス停を降りたところになります。
バス停そばにある歩道橋が撮影ポイントです。
バスは1時間に3本くらいでしょうか。
「バスを降りる→見る→次のバスに乗る」
とすればちょうどいいかと思います、たぶん(歩いてるので実はよく分かってない)

150904-13a.jpg
建て屋も間近から。

150904-14a.jpg
近くに大和建造の碑があります。

再び歩いて移動。
ちょっと先に呉鎮(現海上自衛隊呉地方総監部)があります。
150904-15a.jpg

150904-16a.jpg
レンガ造りのきれいな建物です。

ここから再び歩いて大和ミュージアム、てつのくじら館へと向かいます。
アレイからすこじま公園から大和ミュージアムまでは歩いて1時間はかからないかと。
おすすめはしませんが、季節を選べばウォーキングがてらにはいい距離だと思います。
今回撮った写真は次のワンフェスで使う予定
プロフィール

大王

Author:大王
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。